本文へスキップ

人にやさしいこれからの北国のお寺 永代法要の順進寺 寄付は自由なので安心 

電話でのお問い合わせはTEL.0155-36-2521

〒080-2472 北海道帯広市西22条南2丁目55番地

ほとけさまに手を合わせ わたしのいのちにありがとう すべてのいのちにありがとう  
芽室町上美生から見た日高山脈です

寄付の強制や割り当てはなくあくまでも自由です


寺型屋根は多額の維持修繕費用がかかり,北国では落雪の危険も大きいので
無落雪屋根にしています。


葬儀をお寺で行うことが激減し、大きな建物を抱えしまうと維持に苦しみます。
そこで本当に必要な機能に絞ったコンパクトな伽藍にしています。

いろいろ考えて選ばれているのは屋内墓所です
全ての遺骨を合祀しては取り返しがつきません
合祀して後悔している人が増えています
改葬も可能な屋内永代法要納骨をお勧めします
夫婦・家族など色々可能です

納骨壇は国内トップメーカーの地金を使った液晶画面付きの高級最新型です。
十勝の納骨に合わせた当寺のオーダーメイドです。

”寂しくない”  室内納骨だから
”見つかります” あなたにぴったりが

一人として無縁にはさせません

公営の合同墓のような「骨捨て場」とは全く違います
民間業者でもお寺の名義を借りてお寺がおこなっているように見せかける「永代供養墓」が
ありますので注意してください

「墓じまい」を考えている方もご相談ください


信頼の永代法要納骨
改葬可能な室内個別安置
全宗派に呼応しています
檀家制度ではなく会員制度です
一般の方の仏事・納骨もお受けしています
会員の方も一般の方も寄付の強制はなく、自由なので安心です



募集から運営まで全てお寺が行い無駄がありません
浄財の中での事業なので派手な宣伝はしません

「僧侶手配サービス」など様々な葬儀・仏事が話題になっていますが、落ち着いて内容を比較していただければと願っています

葬儀社員によっては、キックバック(リベート)のある寺院に誘導するなどの事例も見受けられますので注意してください。

当寺は紹介御礼等の授受を一切行っていませんので安心です。
葬儀社員にはっきりと「順進寺を頼みます」と言ってください。または直接お寺に連絡して下さることをおすすめします。


順進寺永代法要納骨のホームページ
http://eitaikuyou.web.fc2.com/
もご覧ください

まずは、お気軽にご相談ください
電話
0155−36−2521
メール
tera@eitai.or.jp

YouTubeに帯広仏教連合会会長の時の住職の画像があります
(1三帰依)(2表白)(3挨拶)

「歴史読本」掲載のことを地元の新聞が取り上げてくれました→十勝毎日新聞(8月21日)

news新着情報

2017年6月25日 最低気温
プラス14度(お寺の寒暖計)
2015年2月
「永代供養墓の本」第六版(六月書房)に順進寺の納骨施設が紹介されました。「後継ぎがいないけれど」「子供に迷惑をかけずに」「無縁にならないように」「あまり費用をかけずに」のガイドブック。
2016年11月11日
永代経法要を勤めました。お参りありがとうございました。。
2017年1月1日
修正会を勤めました。お参りありがとうございました。「いのちの重さ」についてお話しました。
2017年3月30日31日
報恩講を勤めました。お参りありがとうございました。
2017年3月20日      

歴史読本9月号

住職の文「江戸の北極星信仰」が載っています。江戸の重要な寺社が見事に北斗七星・北極星状に配置されていることを見つけました。
帯広川上流から下流まで(広雄橋、上帯広橋、南七線橋、お寺の横の南一線橋から)最大級の「涅槃仏」。 左にお顔、真ん中がお腹、右におみ足。

平成29年 報恩講法要

参拝ありがとうございました。
平成29年2月3日 帯広氷まつり 初日の静かな花火大会が好きです

平成29年1月1日 初日の出 修正会 平成29年春 女性部集まり 皮工芸を行い、報恩講の打ち合わせをしました。

平成28年 お盆の永代法要納骨壇と永代法要納骨墓

たくさんの方々がそれぞれのスタイルに合わせてお参りしました。
お彼岸法要を勤めました。お参りありがとうございました。

永代法要納骨はお陰様で多くの方に喜ばれています。

i

親子科学実験教室(化学電池)での坊守      

親子科学実験教室(ローソクの科学)での坊守

                                

iformation

真宗大谷派・東 順進寺

〒080-2472
北海道帯広市西22条南2丁目55番地
TEL.0155-36-2521
柏林台通りを進み、曲がりながら帯広川と交差する地点(南一線橋)の東側の北側。


スマートフォン版